大童法慧 | 大童法慧
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
2
archive,paged,author,author-houe,author-2,paged-4,author-paged-4,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

Author: 大童法慧




3月 17日 記録

1月15日から3月14日まで断酒、そして、ジムに通った結果、14キロほど痩せました。ウエストも14センチ減りました。 担当のトレーナーより、「このジムの記録です」とお誉めの言葉を頂戴しました。   恥ずかしながら、どれほど太っていたのかという話であります。 今後、あと8…

続きを読む


3月 17日 15の夜の法話会  生の章 言の葉

聞きっぱなし、一方通行の話ではなく、対話型の法話会。そして、もっと現実の暮らしに引き寄せた、いろんなものを抱えながらも、「それでも生きる」ことの支えとなるような法話会。   その想いを具現化する第一歩の機会を得たことを嬉しく思います。  

続きを読む


3月 10日 マラソン

  先月、東京に住む友人が「いわきサンシャインマラソン大会」に参加した。 そして、郡山に寄って声をかけてくれた。 マラソンの素晴らしさをしばらく語った彼女は、あろうことか私にマラソンをはじめてみてはと勧めた。 もちろん、即座に断った。「いやです」、と。   す…

続きを読む


3月 10日 満月の夜の坐禅会3月2日講話 冒頭部

それでは、言の葉をご覧ください。 1番を、まず、声に出しましょう。私が先導いたしますので、それに続いて読んでください。   1、    体の中に 光を持とう どんなことが起こっても どんな苦しみのなかにあっても 光を消さないでゆこう    坂村真民 手放す 離れる 調え…

続きを読む


3月 03日 まだいける

  2月25日、一般社団法人 日本メメント・モリ協会さんのフォーラムに参加しました。 上野稲荷町 成就院さんで、大井 玄先生と悠翔会の佐々木 淳先生による「老耄のめぐみ」についての講義。   老、病、死から目を逸らさないお二人のとても素晴らしい講義でした。 備…

続きを読む


3月 03日 15の夜の法話会 3月15日開催

3月15日(木)、さとう珈琲 郡山本店さんにて、「15の夜の法話会」生の章を開催いたします。 二階のロフト部分をお借りいたします。         ワンドリンクは、珈琲、紅茶、ソフトドリンクなどからお選びいただきます。 お菓子は、パンケーキ…

続きを読む


2月 17日 バッカス

  酒を断って、ひと月。 さぞや体調が良くなるかと期待しましたが、まったくそんなことはありません。   相変わらず、寝つけないし、寝起きもひどい。 目の具合も改善されず。むしろ、見えずらい。 頭は冴えるどころか、ボーとしたまま、考えはまとまらない。 閃きも、な…

続きを読む


2月 17日 信仰についての備忘 その1

ア、 首都圏に居を移したお檀家さんから「離檀したい」との申し出。「近くにお墓を移したい」とのこと。 留めつなぐことはない。自由なのだから。 自由なんだけれども、次に求めるお墓の基準は、「近くて、安くて、便利」な場所。 決して「曹洞宗のお寺」ではない。   イ、 戒名をい…

続きを読む


2月 10日 バターコーヒーなるもの

  友人に勧められてバターコーヒーなるものを飲みはじめました。 「糖質制限をするのなら、朝にバターコーヒーが一番いいから」とのこと。   言われるがままに、Amazonで注文。 「バターコーヒーを朝食にすれば、不思議なことにお昼を過ぎてもお腹がすかない」とのこ…

続きを読む


2月 10日 老耄というめぐみ

実智慧の者は、則ち是れ老病死海を渡る堅牢の船なり、亦た是れ無明黒闇の大明灯なり、一切病者の良薬なり、煩悩の樹を伐るの利斧なり、是故に汝等、当に聞思修の慧を以って、而も自ら増益すべし。『仏垂般涅槃略説教誡経』      

続きを読む