大童法慧 | 大童法慧
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
2
archive,paged,author,author-houe,author-2,paged-7,author-paged-7,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

Author: 大童法慧




6月 18日 Starting Over

6月13日、徳成寺に居を移しました。   町田のお寺で約2年。 僧侶派遣プロダクションに約1年。 大本山總持寺に約5年。 上智大学グリーフケア研究所に2年。 今後は、頂いたご縁を育てながら、郡山から発信をしていきたいと存じます。   今日もいいことがありました…

続きを読む


6月 18日 そのまま

そのままのあなた、そのままの私も、どちらでもいいのですが、ここ数年間で、一番私が大切にした言葉、「そのまま」からはじめるを、最近上梓した本のタイトルに用いました。   「そのまま」というのは、御存知のように「今・ここ」からということです。 何かを準備してから、何かを片付…

続きを読む


6月 03日 慈悲寛大自己反省

廣池千九郎。慈悲寛大自己反省。モラロジー研究所。 先日、これらの言葉や手触りを親しく感じる時を得ました。   備忘 トーマス・ムアの『Care of the Soul』(1992)は、当時米国でのベストセラー作品。副題に「日々の暮らしに深みと聖なるものを養うための導き」…

続きを読む


6月 03日 草抜き

  平成21年、産経新聞の朝の詩にありました。   「草抜き」 兵庫県 米田啓祐 70歳 庭の草を抜いていると 頭の中に 次々とわき出てくることがある よく見ると 自分中心のことばかり いっしょに抜いてしまおうと思うが 私という大地に深く根ざしているのか なか…

続きを読む


5月 13日 策励

拙著、『そのままのあなたからはじめる修証義入門』を読了された方からたくさんのメッセージを頂戴しております。   お誉めの言葉もあれば、耳の痛い言葉もあります。 また、数冊の参考図書を提示してくださる先生もいれば、黙って坐るよう励ましてくださる師もいます。   …

続きを読む


5月 13日 絵本テキスト

私は、お通夜やご法事で絵本を用いてお話をさせていただくことがあります。 とても素敵な本もあるのですが、自分でも書きたいという想いが募り、ここ数年来、絵本テキストに取り組んでいます。 小学生の女の子が、祖母との死別、通夜、葬儀、荼毘を経験するストーリー。   出版社に持ち…

続きを読む


5月 07日 言葉

「なぜだろうか」と「ああそんなこともあるのか」という想いを久しぶりに経験しました。   ご葬儀で、喪主さんにかけた言葉。 「故人さまに、語りかけるような供養を続けてくださいね」   しかし、その翌日。 「なぜ、故人に話しかけてはいけないのですか」と尋ねてきた。…

続きを読む


5月 07日 書泉グランデ ご案内

神保町の書泉グランデで、お話する機会を頂戴しました。   開催日時 2017年5月19日(金) 開場:18:45 坐禅と法話:19:00~20:00 開催場所 書泉グランデ7階イベントスペース(神保町) 定員:50名 詳細のアドレスです。https://www.shos…

続きを読む


4月 22日 献本 添え状

「そのままのあなた」からはじめる『修証義』入門 ~生死の問いを31節に学ぶ~ の献本添え状です。   拝啓 麗春の候、時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 日頃はひとかたならぬご高配を賜り、心より御礼申し上げます。                       私儀 この…

続きを読む


4月 22日 新刊発売のお知らせ

  『大法輪』に連載した「あなたのための修証義入門」を修正加筆し、雄山閣様より「そのままのあなたのための修証義入門 ~生死の問いを31節に学ぶ~」として上梓いたしました。   「あなたのための『修証義』入門」では、「あなた」を念頭において書き進めてきました。十…

続きを読む