大童法慧 | ニュース
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
165
archive,paged,category,category-news,category-165,paged-6,category-paged-6,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

ニュース




12月 24日 知音

  異業種交流会に参加しても、たくさんの名刺を頂戴しても、人脈と言えるほどの財産につながることは少ないものでした。 こちらの調子がいいと近づき、そうでないと距離を置く姿も見てきました。 そして、「いい人」という評価は、「自分にとって都合のいい人」というものだとも知りまし…

続きを読む


12月 10日 80時間 

通年実習、80時間を終えることができました。 受け入れてくれた施設の関係者、利用者さんに感謝しております。   <備忘> 今春の時点で、「「老いる」ことを学ぶをテーマに、お年寄りと関わろうと思う。また、何かを伝える、何かを手助けるという在り方ではなく、「その人」との関わ…

続きを読む


10月 29日 かけられた言葉

  たいへんお世話になった方に「力及ばずに、ごめん」と言わせてしまいました。「申し訳ない」とまで。   また、ある人は「朝の光を待ちましょう。一晩休んで、明日になれば何か変わるかもしれない」と勇気づけてくれました。そして「そこに、何か意味を見出すことが出来れば…

続きを読む


10月 08日 19ヶ月

『大法輪』「あなたのための『修証義』入門」、19ヶ月に渡る連載が終了しました。   己の脚下を照顧する、とても苦しい時間でした。 このような機会を頂いたご縁、大法輪閣の編集部のご高配、読者の皆様に感謝申し上げます。   今日もいいことがありました! &nbsp…

続きを読む


9月 17日 見学

  「悲しみを佛の智慧に学ぶ会」運営のために、「グリーフサポート埼玉」様を見学させていただきました。   「場の提供」 所用があって今日は行けなくても、この場があること。   そのために、定期的に開催し続ける努力。 そして、一切をボランティアとして活…

続きを読む


9月 03日 実習

上智大学グリーフケア養成所臨床コース、二度目の集中実習を終えました。   ご縁あった6人のグループと3人のスーパーヴァイザー、そして、患者様。   白紙でない自分。 私が私であるところの理由と私の役割。 そして、個性的傾聴。   と同様に、グループの…

続きを読む


8月 13日 初盆

  心から「老師」と呼べる方は少ないものです。 大本山永平寺に安居して以来、親しく教えを頂いた老師が本年2月16日に遷化されました。 初盆にお参りしてきました。 三拝をし、お骨の前で暫く過ごさせていただきました。 「ぼやぼやしていると、あっという間だぞ」という声が聞こえたようでし…

続きを読む


7月 30日 オレンジリング

  郡山市の認知症サポーター養成講座で受講をしてきました。 残念ながら、国の施策であるという点からの解説は少なく、ユマニチュードの推奨講習会でした。     備忘 ・ 健康長寿の論理的帰結は認知症の激増である。「救命を追及」「長生きは素晴らしい」とい…

続きを読む
 

7月 09日 動く時

昨年より企画していることがあります。 およそ形になるところまで至ったのですが、頓挫いたしました。 けれども、時節が調えば叶うだろうと楽観視をしていました。   が、一年経っても状況は変わらず、その企画は塩漬けのまま。 そこで何とかしようと、いや、どうしても何とかしたいと…

続きを読む