大童法慧 | バッカス
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
16990
single,single-post,postid-16990,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


2月 17日 バッカス

 

酒を断って、ひと月。

さぞや体調が良くなるかと期待しましたが、まったくそんなことはありません。

 

相変わらず、寝つけないし、寝起きもひどい。
目の具合も改善されず。むしろ、見えずらい。
頭は冴えるどころか、ボーとしたまま、考えはまとまらない。
閃きも、ない。
飲まなければ平穏、ということはない。
飲まなくても、現実に起こる事柄は困難なものだし、私は厄介で度し難い。

 

「もう、そろそろいいんじゃないのか」とバッカスが肩を優しく抱く。

 

酒が人間をダメにするんじゃない。
人間はもともとダメだということを教えてくれるものだ。 立川談志

 

酒を断っても、お前はダメだということを酒は続けて教えてくれました。
今日もいいことがありました!

 

 

786

 


2 個のコメントがあります
  • 中野知人
    Posted at 21:57h, 20 2月 返信

    う〜。大変そうですね。私、実は下古で全くお酒を飲まないのでわからないのです。だから私はダメなところわからないのでしょうか?今年から剣道の稽古回数を増やしてたら逆にお腹がすいて食べる量が増えたような。体重は変わらず。でも気持ちの良い筋肉痛に満足している自分がいます。

    • 大童法慧
      Posted at 07:37h, 21 2月 返信

      いつもコメントを残していただき、ありがとうございます。

      HALTの状態になった時が一番の課題ですね。

コメントを残す