大童法慧 | 坐禅会
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
17191
single,single-post,postid-17191,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


8月 04日 坐禅会

満月の夜の坐禅会を主催して、1年が経ちました。
おかげさまで、合計13回、休むことなく開催できました。
毎回、およそ30人前後の方に参加いただいております。

 

繰り返し参加される方もいれば、1回の参加で離れていく方もおられます。
それもご縁なのでしょう。

 

かつて、佛国寺に参禅をしたいと電話をかけた時のこと。
氏名と日程を伝えた後、「小浜駅からどのように行けばいいのでしょうか?」と尋ねたら、ガチャっと切られてしまいました。
「坐禅を志す者が、そんなことまで聞いてくるなよ」という意味なのでしょう。

 

満月の夜の坐禅会は、あの頃の自分と出逢う坐禅会でもあります。
課題は多いですが、今しばらくは続けていきたいと考えております。

 

今日もいいことがありました!

 

DSCN0705

 

 

 


コメントはありません

コメントを残す