大童法慧 | 病
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
16760
single,single-post,postid-16760,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


7月 29日

 

「このお寺には薬師如来さまをお祀りしていますか?」と、かなりくたびれたご様子のご婦人が訪ねてきた。

 

「ええ、虚空蔵堂にお祀りしております」と応えたら、「少しお参りさせてください」と仰った。
しばしの間、手をあわせ拝むお姿。

 

お茶を勧めると、「娘がガンがみつかって。それで、お薬師さまに祈願をしたいと思い立った」とのこと。
それで、近くの寺院を訪ね歩いていたとのこと。

 

帰り際、少し明るい声で「やっと、お会いできた。それだけで嬉しくなりました。なんだかよい方向に行きそうな気がします」

 

病がご縁で仏縁が育つこともある。
もちろん、病などない方がいいに決まっているけれども、それでも、病は病だけをもたらすのではないのだと、その母に示されました。

 

今日もいいことがありました!


 

 

 

 

 

 


コメントはありません

コメントを残す