大童法慧 | 白内障
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
17172
single,single-post,postid-17172,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


7月 14日 白内障

 

昨年の夏頃から、目が急にみえづらくなりました。

 

夜の信号が花火のように見えたり、新聞や本を読むことに苦痛を覚えたり・・・体調によっては、見えづらいを通り越して見えない状態にもなります。
処方された疲れ目を癒すはずの点眼薬は、まったく役に立たちませんでした。

 

 

眼科を転院した結果、「白内障であること。過去に網膜剥離をしているが故、簡単な手術ではないこと」を告げられました。
そして、「うちの病院では手術ができない」と添えられました。

 

 

以来、市内四ヶ所の病院からも「手術はできない」と言われ、やっと辿り着いた東京の病院。

 

 

結果、8月下旬に手術することになりました。

 

 

今日もいいことがありました!

 

 


4 個のコメントがあります
  • 中野知人
    Posted at 19:03h, 16 7月 返信

    白内障ですか、しかも過去に網膜剥離を患っていたとは。私もここ数年視力は落ちていないのですが 視力検査をして異常もなく気にしてはいなかったのですがスマフォや本を読む時かなり離して見るようになっていました。
    老眼の始まりかな?と思っていましたが、それ以外でも気になることがあるので一度眼科に行ってみようと思っています。とにかく手術できる病院が見つかってよかったですね。

    • 大童法慧
      Posted at 08:08h, 17 7月 返信

      私はとても幸いなことに、相談のできる医師がいました。
      結果、靖国神社の傍の病院に辿り着くことができました。
      目の病、不都合、そして、不便のなかに、ご縁のありがたさを実感しております。

      やはり、病院には早く行った方がいいみたいですよ。

  • 赤井 エム
    Posted at 23:39h, 22 7月 返信

    このコメントは管理者だけが見ることができます

    • 大童法慧
      Posted at 09:24h, 23 7月 返信

      ありがとうございます。左目を8月末に、右目は、左目の経過次第で術日を決めることになりました。

      仕上げなければならないことがあるのに、本を読むことができません。
      私の目であっても、私の思い通りにはできない。
      「私の」について、今一度、考える契機となりました。

コメントを残す