大童法慧 | 神はどこにいる?
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
17261
single,single-post,postid-17261,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


10月 20日 神はどこにいる?

先日の講演会の後、参加者の男性が語り掛けてきた。

 

彼はキリスト者だという。そして、曽野綾子先生と懇意にされているとのこと。
私の講演のなかに、曽野先生の『透明な歳月の光』や『維摩経』の不可思議解脱にある菩薩の話を聞いて、どうしても伝えたいことがあるのだ、と。

 

 

曽野先生が、司祭に「神様はどこにおられるのですか?」と尋ねたら、司祭がこんなふうにお答えになられたそうです。
「神は、あなたの最も嫌う人の中におられます」

 

今日もいいことがありました!

 

43490676_347663522707759_6849002274677587968_n

 


コメントはありません

コメントを残す