大童法慧 | 花園会研修大会
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
17250
single,single-post,postid-17250,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


9月 29日 花園会研修大会

 

ご縁あって、臨済宗妙心寺派宮城福島教区第六部 平成30年度 第67回 花園研修大会でお話をさせていただきました。

 

演題は、「菩提寺を持つという選択 ~死生観を共に養う場~ 」

 

そこで目にした、生活信条と信心のことば

 

生活信条

一日一度は静かに坐って 身と呼吸と心を調えましょう
人間の尊さにめざめ 自分の生活も他人の生活も大切にしましょう
生かされている自分を感謝し 報恩の行を積みましょう

 

信心のことば

わが身をこのまま空なりと観じて、静かに坐りましょう
衆生は本来仏なりと信じて、拝んでゆきましょう
社会を心の花園と念じて、和やかに生きましょう

 

一方で、言葉を徹底的に否定しながらも、一方で、どこまでも丁寧なんだと感じ入りました。

 

今日もいいことがありました!

 

 

12a45938bcb427bb426157f8e4315f97_s

 


コメントはありません

コメントを残す