大童法慧 | 顔回
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
17290
single,single-post,postid-17290,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


12月 01日 顔回

おかげさまで、先月、49歳になりました。
今日もまた、おめおめと生きています。
そして、恥ずかしげもなく、挫けても、躓いても、蔑まれても、何があっても生きていこうと思っています。

 

子曰。賢哉回也。一箪食。一瓢飮。在陋巷。人不堪其憂。回也不改其樂。賢哉回也。

 

子曰わく、賢なるかな回や。一箪の食、一瓢の飲、陋巷に在り。人は其の憂いに堪えず。回や其の楽しみを改めず。賢なるかな回や。

 

孔子先生が曰われました。
顔回は偉いもんだなぁ。彼は、粗食を続けても、身綺麗でない暮らしにあっても、気にしやしない。多くの人は貧に負けてしまうけれども、顔回は楽しんでいる。実に、賢い男だ。

 

今日もいいことがありました!

 

DSC_0002-640x425

 


コメントはありません

コメントを残す