大童法慧 | 今日も、『いいこと』がありました!
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
15655
paged,page,page-id-15655,page-parent,page-child,parent-pageid-14938,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,paged-3,page-paged-3,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 



3月 03日 まだいける

  2月25日、一般社団法人 日本メメント・モリ協会さんのフォーラムに参加しました。 上野稲荷町 成就院さんで、大井 玄先生と悠翔会の佐々木 淳先生による「老耄のめぐみ」についての講義。   老、病、死から目を逸らさないお二人のとても素晴らしい講義でした。 備…

続きを読む


2月 17日 バッカス

  酒を断って、ひと月。 さぞや体調が良くなるかと期待しましたが、まったくそんなことはありません。   相変わらず、寝つけないし、寝起きもひどい。 目の具合も改善されず。むしろ、見えずらい。 頭は冴えるどころか、ボーとしたまま、考えはまとまらない。 閃きも、な…

続きを読む


2月 10日 バターコーヒーなるもの

  友人に勧められてバターコーヒーなるものを飲みはじめました。 「糖質制限をするのなら、朝にバターコーヒーが一番いいから」とのこと。   言われるがままに、Amazonで注文。 「バターコーヒーを朝食にすれば、不思議なことにお昼を過ぎてもお腹がすかない」とのこ…

続きを読む


2月 03日 隣の席

しばらくぶりに懐かしい人と会う。 それも、行きつけのお店の隣の席で。 「あなたのことを考えていたのよ。どうしているかなって」と言葉をいただく。   そういえば、去年の三月。 銀座のお店で、77歳の誕生日パーティーだった。 そういえば、あの時にかけられた言葉。 「私は子ど…

続きを読む


1月 20日 一念発起

また、ダイエットを敢行します。   少し痩せては、リバウンドの繰り返し。 最近はフードファイターを目指すような気持ちになっておりましたが、断念。なぜならば、体重増加のせいで体調不良このうえなし。   よって、パーソナルジムに、1月15日から58日間のコースで通…

続きを読む


1月 13日 言葉に力を持つ僧侶

先日、ご縁を頂戴したお医者さんの言葉。 「僧侶は意外に言葉に力をもつ方が少ない。対話を対等な立場で構築するのが難しい印象のほうが多いというのが個人的な印象です。経典があるので、自分の言葉をもつ必要がないとも言えます・・・」   「意外に」というのは、そのお医者さんの優し…

続きを読む


1月 06日 片道3時間

  平成30年正月2日。 満月の夜の坐禅会に参加された女性。 「雪道で、高速も通っていないから、片道3時間少しかかりました」とのこと。 「なぜ?」というのは、野暮な質問。 けれども、「よく来られましたね」と言わないでいられなかった。   10分の体操、40分の…

続きを読む


12月 30日 終活

ウィキペディアでは、終活を次のように説明している。 終活とは「人生の終わりのための活動」の略で、人間が人生の最期を迎えるにあたって執る様々な準備やそこに向けた人生の総括を意味する言葉である。   終活という言葉に、思い出すことがある。 それは、私のことをとても可愛がって…

続きを読む


12月 09日 実は、、、の話

はじめてお会いするのに、「実は、、、」と切り出さなければならないお話を聞かせていただくことがあります。 そして、なぜか年の瀬は「実は、、、」の出逢いが多いようです。   家庭の不和、経済的な困窮、病、複雑な人間関係、抱えた傷。 その人の一番大切で深い所を「実は、、、」と…

続きを読む


12月 02日 お酉様

昔勤めていた曹洞宗のお寺。 そのお寺のご家族は、川崎大師を信仰しているとのこと。 だから、お正月はもちろん、事あるごとに川崎大師に足を運び祈願していた。   私自身、とある天部の信仰をしているけれども、酉年生まれのせいか、お酉様も拝んでいる。   今年は三の酉…

続きを読む