大童法慧 | 僧侶的 いま・ここ
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
15636
paged,page,page-id-15636,page-parent,page-child,parent-pageid-14938,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,paged-11,page-paged-11,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 



8月 26日 売り言葉に買い言葉

お釈迦さまは、罵詈雑言をあびせたバラモンに、にこやかに問われた。 「あなたのところに、お客さんが来て、あなたがに食べ物を出したとしよう。 でも、そのお客さんがその食べ物を受け取らなければ、その食べ物は誰のものになるだろうか」 間髪をいれず、バラモンは応えた。 「もちろん、その食べ物は私のものだ」 その答えをまって、お釈迦さまは続けられた。 「では、バラモンよ、私はあなたの言葉を受け取らない。 だから、その悪口はあなた自身のものだ」 ここで、気づいたバラモンは偉かった。 100点満点の人生など、ない。 あの人の一言。 匿名の書き込み。 何も言い返せなくても、自分を保つことができるだろうか。 何か言い返さなくても、心を乱さないでいられるだろうか。 「智恵ある者に怒りなし。よし吹く風荒くとも、心の中に波たたず。 怒りに怒りをもって報いるは、げに愚かものの仕業なり。」
続きを読む
 

7月 15日 随処作主

多忙のため 全く 自分の時間がありません 多用のため 全く 自分の時間が持てません でも イライラせず 投げ出さず そんな昨今、ふと浮かんだ言葉 随処作主 立処皆真 <ずいしょにしゅとなれば りっしょみなしんなり> 随所に主となるとは、「俺が」「私が」と主役を張ることではないのです お客様に主役を任せてもいい 連れ合いに主人公を委ねてもいい 随処作主 とは、「ひとつながりのいのち」あることを知って、全てを楽しむこと そうすれば、おのずから、立処皆真 つまり、「いま・ここ」が宝の山
続きを読む


6月 28日 お知らせ

恥ずかしながら、『ビートたけしのTVタックル』に出演いたします。 2014年6月30日 よる11時25分から ※一部地域を除く 日本一贅沢な人生相談? お坊さんサミット2014 東西の名僧侶が一堂に集結! ・ 不倫は本当にいけないこと? ・ パワハラ上司に対抗するには? ・ 愛と…

続きを読む


6月 07日

百計千方、只だ身の為にす 知らず、身は是れ塚中の塵なることを 言うこと莫れ、白髪に言語無しと 此れは是れ、黄泉伝語の人   香厳智閑禅師   日々の多くのはかりごとは、ただ我が身のため やがて必ず、この身は墓場の土となることに思い至らない 老いた姿の自分を想像してごらん 先に逝った人が教えてくれてるよ もしも、あの時、あの言葉を言っていれば もう少し、ましな男になれただろうか もしも、あの時、深く考えていれば もう少し、まともな人生を送れただろうか 自分で自分のことがわからなくなったり 身の回りの世話をしていただくことになったりした時 私は・・・優しく、楽しく、明るい自分でいられるだろうか 日々の多くのはかりごとを 少し 我が身のために使わないこと そこに答えがある
続きを読む


5月 26日

5月18日より23日まで、中国の杭州を旅しました。 そのなかで、この一語と出会うことができました。 大衆慧命在汝一人 汝若不顧罪帰自身 これは、天童寺と径山寺の禅堂のなかにありました。 小さな木片に認められ、その前に小さなお香立てがありました。 汝とは、そう、私自身です。 「お前さんとご縁ある方々の仏縁は、実は、お前さん次第なんだよ。お前さんの在りようが問われているのだよ。」 この一語に触れた時、警策で肩を打たれたような想いをいたしました。
続きを読む


4月 19日 徳を積む

徳を積むとは、己の行為を貯金通帳に入れていくことではありません。 徳を積むとは、いい事をすれば、いい事があるという下心のことではありません。 徳を積むとは、感謝し、そして、壊さないよう、こぼさないようにすること。 今、あなたが生きていることへの感謝を態度で現わすことが、徳を積むことなのです。
続きを読む


4月 01日 坐禅に学ぶ

いつもお世話になり、心より感謝しております。 私儀 このたび、さくら舎より『坐禅に学ぶ』を上梓いたします。 「禅という手だて」があることを伝えたい思い強く、不徳を顧みずの刊行となりました。 機を得て、お手にお取りいただき、ご感想をお聞かせいただければ幸甚に存じます。 尚、四月二十…

続きを読む


3月 31日

40歳も半ばを過ぎると、友人からの結婚式の招待状はほとんど届かなくなります。 たまに二度目や三度目の案内を受け取ることもありますが、祝い事へのお呼ばれよりも、喪服を着る機会の方が増えてくるものです。 そして現実に、親の介護や親の葬儀というものに直面する世代となります。 「親孝行、…

続きを読む


3月 22日 比べる心

手にした物の数を競う人生。 人を二つの種類に分ける世の中。 悲しい哉、私たちには、物事に善悪や優劣の評価を自分の感覚のみで行い、それを絶対の価値観として生きている面があります。 そして、他者との比較の中で、自分を確認し、強く見せたり、賢く見せたり、威張ったり、怒鳴ったり・・・ あいつは金持ちだけど、俺の方が頭はいい。 あの人はもてるけれど、私の方が心はきれい。 そんな言い訳を作り出し、自らを慰める。 でも、比べる事により満足や喜びを得ようというのだけれども、満ち足りる事は、おそらく、ないでしょう。 自慢されると、鼻につく。 高慢な態度には、反発する。 わかっちゃいるけど、やめられない。 比べる心は、煩悩のひとつ。 1.高慢     自分の方が上だ 2.過慢     同上とほぼ同義 3.慢過慢    相手が上であっても同等だと思う 4.我慢     自分の考えは変わらないという思いあがり 5.増上慢   悟った、極意を得たという思い上がり 6.卑下慢   劣等感に落ち込む 7.邪慢     自分には徳があると思いこむ 野放図な煩悩は、やがて、悲劇を産む。 責任の裏付けのない権利。 こらえ性のない、傍若無人の態度を、力だと信じる短絡的な輩。 法に触れなければ何をしても良いという考え。 いくら、口を尖らせ、眉を吊り上げ、恫喝したとしても・・・それは、戯言にすぎない。 比べる心を手放そう。
続きを読む