大童法慧 | いのちが私をしている
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
17168
single,single-post,postid-17168,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


7月 14日 いのちが私をしている

 

「いのちが私をしている」  大井 玄先生

 

 

僭越ながら、「いのちが私をしている」という言葉、これこそ真実の言葉だと存じます。

 

「いのちが私を生きている」とは、お釈迦さまが成道の叫びの言葉である、と。

 

それは、「奇なるかな、奇なるかな。一切衆生、悉く皆な如来の智慧徳相を具有す」です。
これをお釈迦さまは仏性があることを悟られた、縁起を悟られたと訳している方が多いのですが、実は、いのちの実相を悟られたと思うのです。
即ち、「いのちが私を生きている」の「いのち」のことです。

 
その「いのち」とは、三世十方を貫くいのちです。
過去・現在・未来の三つの世界。東西南北の「四方」と、「上下」を足した六方に、四方の合間の「四維」を足した十の方角。
つまり、無限の時間と無限の空間を貫くいのちです。

 

それは、私の中にもある30数億年前からある「いのち」であり、今後、私の子孫(いてもいなくてもです)に連なる「いのち」です。
万物の生命同根なるいのちです。

 
これを、禅門では、「本来の面目」と言ったり、「本来の自己」「真実なるいのち」と呼んでおります。私は「ひとつながりのいのち」と称しております。

 
いずれにしろ、私がとても驚いたことは、先生が命の現場に立ち会うなかで、その「いのち」に気づかれたことです。
お釈迦さまの悟りと同じ景色を手にされたことです。

 

時節柄、ご自愛ください。
また親しくお話ができればと願っております。      法慧感謝合掌

 

 


コメントはありません

コメントを残す