大童法慧 | お骨の重さ
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
15309
single,single-post,postid-15309,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


10月 24日 お骨の重さ

火葬が終わり、お骨を拾い、壺に収める。
親の荼毘の終わる時間が待てなくて、さっさと帰る子もいると聞く。

 

 

箸渡しの儀式も拾うお骨の分量も、地域で異なる。
今では、お骨を全て焼切ってくれという意見も少なくない。
そうすれば、お墓の心配もしなくていい。

 

 

高校二年で迎えた母親の葬儀。
彼の父親は咽び泣く息子の手を取り、その掌に母親の喉仏を置いた。
「これが、お前の母さんの重さだ。よく覚えておきなさい」と静かに言った。息子は、黙って頷いた。

 

 

お骨は、そんなに重くはない。
けれども、決して軽いものではないはず。

 

 

MEMO

1、0葬儀  遺骨を引き取らない葬儀の方法

 

 

 

 

 

 


コメントはありません

コメントを残す