大童法慧 | 将錯就錯
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
17199
single,single-post,postid-17199,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


8月 04日 将錯就錯

将錯就錯
迷中又迷
夢中説夢
八九露提

錯りをもって 錯りにつき
迷いの中に また迷い
夢の中で 夢を説く
72年 すべてを露し 提してきたぞ

 

とても懐かしいご老師の遺偈です。

 

数年前の夏のこと。
「くたびれた軽自動車に乗って葬儀にでかけたら、そんな車に乗っている坊さんにお経を読まれるのは恥ずかしいから、なんとかしてくださいって、喪主さんに言われたよ」と豪快に笑い飛ばしていたお姿がありました。

 

 


コメントはありません

コメントを残す