大童法慧 | 挫けない
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
15334
single,single-post,postid-15334,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


1月 09日 挫けない

今年いただいた年賀状の傑作。
どんなに素晴らしい名画よりも、どんなに素敵な宝石よりも、もっともっと大切なものを持っている。
どんな時でも、どんな苦しい場合でも、愚痴を言わない。
参ったなどと泣き言はいわない。
そんな一年を過ごしていきたい。     サマンサ小野会長
正月二日18時頃、近所のスーパーでの出来事。
賑わう店内に、大きな声が響いた。「万引きだ、捕まえろ」
二人の男が凄まじい勢いで、出入り口へと走る。
一人は万引きをした男、もう一人は、それを見つけた客の男。
しばらくして、客の男が、70歳を超えたと思われる男性を引き連れて得意げに店内に戻り、言い放った。
「店員さん、こいつは万引きをしました。」
・・・トマト、三個。
彼の事情は知らない。動機も聞きたくはない。
・・・挫けない。
もう道がないと思っても、案外、ないところにも道がある。
そう、何もないところからでも、はじめられる。


Memo
1、道がなければ橋を作り、架けてまで突き進む人。


コメントはありません

コメントを残す