大童法慧 | 深い関わりを持つ他者
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
16584
single,single-post,postid-16584,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


1月 21日 深い関わりを持つ他者

 

わずか2000字程度の原稿を七転八倒しながら、また、己を呪いながら過ごす時間。

何にも浮かばず時間が過ぎる。
かといって、寝ることもできもない。

まぁ、幸いに脱稿したけれども、その零れ落ちた部分。
書けなかったところの備忘。

 

情愛が深く絡む他者は、特に気をつけなければなりません。
もちろん、何かを失った時に支えてくれる家族や親族、友人や恋人がいればとても素敵なことでしょう。

 

勝海舟は『氷川清話』で「人間の覇気を減らすのに、一番力のあるものは、内輪の世話や心配だ。外部の困難なら、たいていな人が辛抱もするし、またこれがためにますます勇気が出るといふこともあるが、親兄弟とか妻子とかいふやうな内部の世話には、みんな根気を無くしてしまふものだ。どんな大悪人でも、恩愛の情には流石に脆いもので、この情といふ雨露に打たれると、忽ち弱つてしまふものが多い。」と指摘しています。

 

・・・出版の際は、改めてお知らせいたします。

 

 


コメントはありません

コメントを残す