大童法慧 | 満月の夜の坐禅会1月31日講話 冒頭部
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
16964
single,single-post,postid-16964,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


2月 03日 満月の夜の坐禅会1月31日講話 冒頭部

 

さて、私事ながら、本年は健康に気をつけようと思いたちました。
つまりは、本気でダイエットをしよう、と。

 

昨年は、少し痩せては、リバウンドの繰り返し。結局、痩せないものだから、昨年末あたりは開き直って、フードファイターを目指すような気持ちになっておりました。けれども、太っていることは、やはり、体調不良なんですね。
あまりいいことがありません。

 

そこで、一念発起をしまして。芳賀にありますジムに申し込みに行きました。
平たく言えば、ライザップの親戚のようなところです。

 

1月15日から58日間のコースで痩せましょうというコース。
月曜日、木曜日のジムは負荷をかけた筋トレです。これが、きついのなんの。二回目は終了後、お腹周りの筋肉がひきつってしまい、20分ほどのたうち回っておりました。

 

食事については、糖質は1日20g以下ということで、ご飯、パン、麺類、野菜は食べてはいけないとのこと。
男の一人暮らしですから、本当は調理にも工夫の仕方があるのでしょうが、きのこ、豆腐、肉、サバの水煮缶のローテーション。カセットコンロで一人鍋です。
味付けは塩かマヨネーズ、もしくはオリーブオイルです。

 

そして、断酒。酒を断つ。
1月14日まで、部屋にあったお酒は全て飲み切りまして、以来、一滴も飲んでおりません。夜のお誘いは基本お断りしております。
昨晩、都内で打ち合わせがあり、新橋の小料理屋に行ったのですが、ひたすらウィルキンソンの炭酸水を飲んでおりました。

 

ここのジムに通おうかなと考えた時、見学に行ったのです。
そこで、担当のトレーナーと出逢いました。20代の青年です。
私は、「せっかくお金を払ってトレーニングするのなら、担当は若くて綺麗な女性がいい」って言ったのですが、生憎、そのジムでは、担当トレーナーが二人しかいなく、また、二人とも男性とのことでした。

 

それを聞いて、違うところにしようかなと思って帰りかけた瞬間、そのトレーナーが、こう言ったんです。
「ダイエットを、また明日からはじめようと思っていませんか。明日からがんばるんじゃないのです。今日、今日だけをがんばる。今日がんばった者、今日がんばりはじめた者にのみ明日がくると思います」

 

このトレーナー、若いのにすごいことを言うもんだと感心して聞いたのです。「その決め台詞は自分で考えたの?」って。
すると彼は、はにかみながら「いえ、カイジってマンガにある言葉です」と答えてくれました。

 

それが、言の葉2です。これも声に出しましょう

明日からがんばるのではない
今日、今日だけをがんばる
今日がんばった者、今日がんばり始めた者にのみに、明日がくる
『賭博破戒録カイジ』第7話「亀裂」

 

この言葉を支えにしながら、ダイエットに取り組もうと考えております。

 


コメントはありません

コメントを残す