大童法慧 | 満月の夜の坐禅会12月講話 その1
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
16871
single,single-post,postid-16871,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


12月 09日 満月の夜の坐禅会12月講話 その1

 

この話を皆さんはどのように感じたでしょうか。

 

ガンになってしまったことはとても残念で、悲しくて、やりきれないことだ。だから彼女は可哀想だ、と思ったかもしれません。

 

けれども、どうなのでしょうか。彼女は、本当に可哀想な人なんだろうか。
ここにある彼女の姿、心持は、あえて思い切った言い方をするのならば、ガンになったことで、豊かな時間、豊潤な実りを手にしていらっしゃいます。
「彼女は可哀想な人」と決めつけている人たちは、今の彼女のように「本当に生まれてよかった 本当に生きてきよかった」と言えるのだろうか。
ここを抑えておきたいのです。

 

確かに、人生いろいろございます。そして、そのいろいろに、私たちは振り回されてしまう。いろいろが自分の思い通りにならないと、騒いでしまう。

 

その根源は、「こうしなきゃならない、こうあるべきだ」という自分の思い込みでしょう。それが一番の問題だと思うのです。
自分自身にも、他者に対しても、「こうあるべきだ、こうしなきゃいけない」ってね。そして、お互いが傷ついてしまう。

 

 

ディスコース(discourse)という言葉をご存知でしょうか。
言の葉5をご覧ください。これは読んでいただきましょう。

 

今の説明のように、社会にはさまざまな約束事・定説・常識・道徳が機能しております。それがあるおかげで、生活を守ったり、秩序を維持したり、リズムを作ってもいます。

 

ただもう少し深めて言うならば、社会にはさまざまな約束事・定説・常識・道徳の根底にあるものは何かというと、「こうしなきゃならない、こうあるべきだ」という自分の思い込みではないでしょうか。

 

そして、想定外の事が起きた時に、そのディスコースが自分自身を深く傷つけてしまう。その人の作り上げたディスコースによって、自棄をおこしたり、前を向けなくなったりしてしまう

 

その自らが作り上げた言説(ディスコース)をいかに離れていくのか。  (以下略)

 

 


コメントはありません

コメントを残す