大童法慧 | 何かを捨ててみよう
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
14468
home,page,page-id-14468,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

ブログ更新情報

誡 

自室に信仰する諸菩薩をお祀りしております。 毎朝、水を取り替え、お勤めをしております。   ふと、気づいた一本の棒状線。 そう、燃え尽きた線香でした。 「なぜこんなところに」という想いと「護られた」という安堵。 火事にならなくてよかった。   今日もいいことが......

楽果 苦果 

  善なる因からは自分にとって望ましい結果(楽果)、悪なる因からは自分にとって望ましくない結果(苦果)が生じる。 けれども、それらの結果は善でも悪でもない。   業は不相殺性...

魔法の言葉

ハイボールを飲みながら、葬儀社の社長さんが教えてくれた。 「戸惑うお客さんにとって、魔法の言葉ってあるんですよ。【けっこうあるのですよ】と付け加えれば、皆さん納得してくれるのです。」   まぁ、あなたにそう言われれば、納得するだろう。 葬儀に詳しい人なんか、そうはいない......

大童法慧

禅堂を建てたいと発願しております。

top_pic03

大童法慧プロフィール

生年月日 1969年
出身  山口県 駒澤大学仏教学部禅学科卒業

曹洞宗僧侶。20歳の頃、福井県仏国寺の原田湛玄老師のもとへ通い、参禅をつづける。駒澤大学仏教学部禅学科を卒業後、27歳で出家得度。大本山永平寺にて安居修行。福島県郡山市所在寺副住職。

詳しく読む