大童法慧 | 現場
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
15265
single,single-post,postid-15265,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


9月 30日 現場

<出棺>
写真なんか撮るなよ…こんなところを。
優しい言葉なんかかけないでくれよ・・・いまさら。
最期だからといって、そんなに見つめないでくれ・・・恥ずかしいじゃないか。
棺の中の俺の顔を、待ち受けにするのか・・・
花もそんなにいらないよ。だって、うっとおしいもの。
それなら、酒とおにぎりを入れてくれ。
<収骨>
「骨壺に収まりきらないので、少しお骨を砕いてもよろしいですか。
普通の人よりも、多くのお骨が残っていますから」と、お決まりの言葉。
「では、お近くにお集まりください」と声をかけ、おもむろに箸を構える職員さん。
固唾をのんで見守る一同。
できるだけ平静を装い、「こちらが、下顎です」と低い声で語る。
視線を感じながら、丁重に扱い、壺の中に収める。
「こちらが、右の耳、そして左の耳。穴があいてますよね。」
「そして、こちらが、喉仏です。坐禅をしているような様子です。
このように綺麗な形で残るのは、たいへん珍しいです。」
・・・案の定、感嘆の声があがる。
嗚呼まるで、骨の品評会。


memo
1、 バルーン宇宙葬
2、 散骨の島 カズラ島


コメントはありません

コメントを残す