大童法慧 | 43回忌
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
15305
single,single-post,postid-15305,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


8月 05日 43回忌

43回忌。
白茶けた写真には、太っちょの男の子。隣には三輪車。
こちらに向かって、満面の笑み。
42年間・・・ご両親はこの笑顔に、どれほど救われただろうか。
この笑顔が、どんなに痛かっただろうか。
「和尚さんはいくつ?」
そう聞かれて「昭和44年生まれ、今年44歳です」と答えると、母親はうなずくように話を始めた。
「じゃあ、いっしょだ。うちのは、二つで亡くなったのよ。
生きていたら、和尚さんぐらいだったのね」
とてもとても可愛い、賢いお子さんだった、と。
2歳で、病で、あっという間に、と。
そして、二度と子供を授かることはなかった、と。
帰り際、母親が笑顔で言った。
「ね、お願い。握手して」


MEMO
1、生きるための法事 しないでいられない法事


コメントはありません

コメントを残す