大童法慧 | 雲を離れた月
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
15342
single,single-post,postid-15342,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


10月 31日 雲を離れた月

『恵眼院鉄門海上人伝 ~注連寺縁起~』を頂戴しました。

11260689_721833417951889_95280458319086022_n

上人の御生涯を偲ぶ時、『法句経』にある言葉を想い起こしました。

 

 

以前には 放逸であった人でも、のちに 放逸でなくなるなれば、その人は、雲を離れた月のように、この世を 照らすであろう。

 

人がもし 善業によって、以前になした 悪行をつぐなうなれば、その人は、この世を照らすこと、雲を離れし 月のごとくであろう。

 

たやすいことではありませんが、人は生まれ変わることができるのです、それも生きている間に。

 

 


コメントはありません

コメントを残す