大童法慧 | 今日も、『いいこと』がありました!
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
15655
paged,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,page,page-id-15655,page-parent,page-child,parent-pageid-14938,paged-6,page-paged-6,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 



1月 20日 一念発起

また、ダイエットを敢行します。   少し痩せては、リバウンドの繰り返し。 最近はフードファイターを目指すような気持ちになっておりましたが、断念。なぜならば、体重増加のせいで体調不良このうえなし。   よって、パーソナルジムに、1月15日から58日間のコースで通…

続きを読む


1月 13日 言葉に力を持つ僧侶

先日、ご縁を頂戴したお医者さんの言葉。 「僧侶は意外に言葉に力をもつ方が少ない。対話を対等な立場で構築するのが難しい印象のほうが多いというのが個人的な印象です。経典があるので、自分の言葉をもつ必要がないとも言えます・・・」   「意外に」というのは、そのお医者さんの優し…

続きを読む


1月 06日 片道3時間

  平成30年正月2日。 満月の夜の坐禅会に参加された女性。 「雪道で、高速も通っていないから、片道3時間少しかかりました」とのこと。 「なぜ?」というのは、野暮な質問。 けれども、「よく来られましたね」と言わないでいられなかった。   10分の体操、40分の…

続きを読む


12月 30日 終活

ウィキペディアでは、終活を次のように説明している。 終活とは「人生の終わりのための活動」の略で、人間が人生の最期を迎えるにあたって執る様々な準備やそこに向けた人生の総括を意味する言葉である。   終活という言葉に、思い出すことがある。 それは、私のことをとても可愛がって…

続きを読む


12月 09日 実は、、、の話

はじめてお会いするのに、「実は、、、」と切り出さなければならないお話を聞かせていただくことがあります。 そして、なぜか年の瀬は「実は、、、」の出逢いが多いようです。   家庭の不和、経済的な困窮、病、複雑な人間関係、抱えた傷。 その人の一番大切で深い所を「実は、、、」と…

続きを読む


12月 02日 お酉様

昔勤めていた曹洞宗のお寺。 そのお寺のご家族は、川崎大師を信仰しているとのこと。 だから、お正月はもちろん、事あるごとに川崎大師に足を運び祈願していた。   私自身、とある天部の信仰をしているけれども、酉年生まれのせいか、お酉様も拝んでいる。   今年は三の酉…

続きを読む


11月 25日 歓談

辛い麻婆豆腐にやられたくて、中華街に行くことがあります。 その行きつけの四川料理のお店で、半年ぶりに坐禅会の仲間と。 横浜、鎌倉、小田原、そして、宇都宮からお集りくださりました。     別れの際に頂いたものの一つ。   今日もいいことがありました!…

続きを読む


11月 18日 感謝

  ありがたいことに、 こんな私にも、 誕生日だからといって、 プレゼントを贈ってくれる人がいる。 飲みに行こうと誘ってくれる人がいる。 わざわざ千葉から会いに来てくれた人がいる。 とっておきのお寿司屋さんを紹介してくれる人がいる。   人生の折り返し地点はと…

続きを読む


11月 04日

閑静な住宅街にありながらも、ランチはいつも混んでいる。しかしながら、「夜の営業は予約のみ」というお店。   だから、行けば貸し切り状態。 本当は蕎麦屋だけれども、何でも作ってくれる。 難点は酒の種類が少ないことくらいかな。   訪ねてくれた人と親しく過ごせる場…

続きを読む


10月 28日 手足口病

手足口病に罹患しました。 子どもの病気かと思っておりましたが、、、 いつまでも子どもじみた考えでいるからでしょうか。   文字通り手と足と口に発疹があり、発熱もします。 しかしながら、肝臓でなくてよかったと安堵している自分がいます。   今日もいいことがありま…

続きを読む