大童法慧 | 大童法慧
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
2
archive,author,author-houe,author-2,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

Author: 大童法慧




4月 10日 順応

近所に農産物直売所ができた。 多くの客で賑わっているようだ。   数度、訪れたが、残念ながら、私とはあまり縁がなさそうな店だ。   月末に記帳していたATMが閉じられていた。 張り紙には、その店の中にATMを移転したとのこと。 これは痛い。   一長…

続きを読む


4月 10日 満月の夜の坐禅会 3月29日講話

それでは、言の葉をご覧ください。その、1番を、まず、声に出しましょう。 私が先導いたしますので、それに続いて読んでください。   1、    体の中に 光を持とう どんなことが起こっても どんな苦しみのなかにあっても 光を消さないでゆこう  坂村真民 手放す 受け取る …

続きを読む


3月 20日 寄進

永代供養墓の建立を計画している。 それは、どなたでも入れるお墓。 つまり、檀家でなくても、俗名でも入れるお墓。   この想いに賛同され、高額の寄進を頂戴した。   「お金は大切である。だからこそ、お金は大切にしなければならない。 それは仕舞い込むことではなく、…

続きを読む


3月 20日 満月の夜の坐禅会 2月27日講話

それでは、言の葉をご覧ください。 その1番を声に出しましょう。 私が先導いたしますので、それに続いて読んでください。   1、    体の中に 光を持とう どんなことが起こっても どんな苦しみのなかにあっても 光を消さないでゆこう  坂村真民 手放す 受け取る 調える …

続きを読む


3月 06日 浩気長存

2月15日から21日まで、所用があり、徳山に。 地震の影響で、新幹線は動かず。 だから、福島空港から伊丹空港へ。そして、新大阪から新幹線。   2月18日、前日の大雪の影響で、高速は使えず。。 湯田温泉の松田屋から下松まで、車で3時間の大渋滞。   越えはまた…

続きを読む


3月 06日 満月の夜の坐禅会 1月29日講話

それでは、言の葉をご覧ください。 その、1番を、まず、声に出しましょう。私が先導いたしますので、それに続いて読んでください。   1、    体の中に 光を持とう どんなことが起こっても どんな苦しみのなかにあっても 光を消さないでゆこう  坂村真民 手放す 受け取る …

続きを読む


2月 06日 跳ね上げ式眼鏡

数年前、白内障の手術をした。 過去に網膜剥離をしていたため、多焦点眼内レンズを選択できなかった。 結果、遠くにレンズをあわせ、生活用と手元用の二つの眼鏡を用いることになった。   手術のおかげで、驚くほど見えるようになった。 そして、目は多くの情報を受け取っていることを…

続きを読む


2月 06日 米汁呑了信士

先日、妙齢の女性が「父親の戒名を見てほしい」と訪ねて来た。 お父様の俗名は、清さんとのこと。 職業は、配管工だったとのこと。 そして、ご戒名は、配管清道居士。   「これで40万円も請求された」と憤慨する彼女。 「父親の職業と名前に、道と居士をつけただけじゃないか」と言…

続きを読む


12月 26日 優先順位

令和2年は新型コロナウィルスと対峙した年でした。 私たちには、「新しい生活様式」が求められました。   もちろん、感染を防ぐことが第一です。   と同時に、コロナに問われていることがあります。それは、私たちの優先順位です。 つまり、「あなたは何をしたいのか」、…

続きを読む


12月 26日 満月の夜の坐禅会 11月30日講話

それでは、言の葉をご覧ください。その、1番を、まず、声に出しましょう。 私が先導いたしますので、それに続いて読んでください。   1、    体の中に 光を持とう どんなことが起こっても どんな苦しみのなかにあっても 光を消さないでゆこう  坂村真民 手放す 受け取る …

続きを読む