大童法慧 | 大童法慧
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
2
archive,author,author-houe,author-2,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

Author: 大童法慧




6月 15日 趣味

  私の趣味は、ダイエットとリバウンドです。   「これが最後のダイエット」と頑張って痩せても、維持ができない。 理由をつけては暴飲暴食を繰り返し、結果、リバウンド。 本当に愚かなことに学習をすることなく、こんなことを繰り返しております。   5月、…

続きを読む


6月 15日

  現今は、「お客様は神様だ」と客が主張する時代です。 「金を払ってやっているのは俺だぞ」、と。     此世の人、客に来たとおもへは、苦労もなし。心に叶ひたる食事にむかひては、よき馳走におもひ、心に叶わず時も、客なれは、ほめて喰わねはならす。夏の暑…

続きを読む


6月 01日 たまには飲もう会

  「そのうち飯でも」「今度、飲みに行きましょう」と声はかけられるものの、実現することは非常に少ないものです。     「そのうち」や「今度」を心待ちするほど若くはないのですが、期待をしてしまう癖もなおっていません。     しか…

続きを読む


6月 01日 満月の夜の坐禅会5月19日講話 冒頭部

それでは、言の葉をご覧ください。 その、1番を、まず、声に出しましょう。 私が先導いたしますので、それに続いて読んでください。   1、 体の中に 光を持とう どんなことが起こっても どんな苦しみのなかにあっても 光を消さないでゆこう  坂村真民 手放す 受け取る 調え…

続きを読む


5月 11日 感応道交

  はじめて参拝したのは、去年の6月。 なんばから近鉄に乗って向かったところ、乗り換えを何度も間違えてしまう。 まるで、「お前は来るな」と言われてしまったかのよう。 帰りの飛行機の時間が迫るなか、「今日をおいて他はない」と覚悟を決めての参拝。    …

続きを読む


5月 11日 それは私です

  昨今の報道を見るにつけ、ざわざわと浮かんでくる言葉があります。 さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいもすべし  『歎異抄』第十三条     「じゃあ、お前さんはどうだ?」 「絶対だと言い切れるのか?」 「他人事ではない」   &n…

続きを読む


4月 27日 令和元年

5月より令和元年。   明治大正昭和と三世代生き抜いた方々はずいぶんとご苦労をされ、この国の基礎を築かれた。   昭和平成令和と生きようとしている私は、、、。   先日の坐禅会での講話の一節。 好き、嫌い、正しい、間違っている、、、もしかしたら、私た…

続きを読む
 

4月 06日 帰る場所

  3月26日から4月3日まで徳山へ。   帰省していつも想うことは、「やっぱり山口県はいいな」と。 あんなに嫌で仕方なかった場所が、今となっては、とても居心地がいい。   様変わりした街並みであっても、まだ親がいる、友もいる。 食べ物、飲み物、そし…

続きを読む


4月 06日 満月の夜の坐禅会3月21日講話 抄

昨年の10月に坐禅会に参加された、70代の女性から手紙を頂戴いたしました。 ご本人の許可をいただいておりますので、ご紹介をさせていただきます。     拝啓 11月を迎え、山の紅葉が日増しに色づき、私たちの目を楽しませてくれます。 10月の坐禅会では大変お世話…

続きを読む