大童法慧 | お知らせ・告知
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
15643
page,page-id-15643,page-child,parent-pageid-15636,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive
 



4月 22日 新刊発売のお知らせ

  『大法輪』に連載した「あなたのための修証義入門」を修正加筆し、雄山閣様より「そのままのあなたのための修証義入門 ~生死の問いを31節に学ぶ~」として上梓いたしました。   「あなたのための『修証義』入門」では、「あなた」を念頭において書き進めてきました。十九回の連載を通じて、その「あなた」は様々な姿で私の前に現れました。それは仏教や禅に心惹かれはじめたあなたであり、「修証」という言葉に導かれたあなたでした。それは時に「ざらざらした大地」に生きて歯ぎしりの止まぬあなたであり、それでも快活に笑い飛ばそうとするあなたでした。また、あなたは私自身でもありました。そして今、何かで飾ることを必要としない「そのままのあなた」が私の前に佇んでいます。   『修証義』の全三十一節を知るなかで、「私は独りぼっちではないこと」、「躓いた出来事さえも手をあわせることができる自分がいること」そして、「何があっても大丈夫な安心があること」を共に確かめたいと願います。     ご感想を頂戴できれば、幸甚に存じます。    ...

続きを読む


3月 25日 ご案内

  拙著、「そのままの私」からはじめる坐禅(メタモル出版)の刊行を記念して、岩瀬書店富久山店様で講演会をする機会を頂戴しました。   ★2017年4月1日(土)14時~ 参加費無料 『「そのままの私」からはじめる坐禅~抱えている問いを禅の智慧に学ぶ~』(メタモル出版)刊行記念       坐禅と法話の会   ■日  時:2017年4月1日(土)                   14時~15時30分(開場13:30) ■場  所:岩瀬書店富久山店プラスゲオ イベント会場 ■参 加 費:無料 ■定  員:50名(先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。 ■申込方法:店内備え付けの申込書に必要事項を記入の上、サービスカウンターまでお持ちください。 お電話によるお申込みも受け付けております ⇒岩瀬書店富久山店プラスゲオ 電話番号 024-936-2220   ※時間厳守でのご来場をお願いいたします(状況によっては入場をお待ちいただくことがございます)。 主催:岩瀬書店 協賛:メタモル出版   ◆イベント内容 第1部 「坐禅の力」坐禅をすることがあなたにもたらすものは何なのか。あなたが本来持っている生きる力を引き出す「坐禅」についてお話しします。 第2部 「椅子坐禅」本来の坐禅が難しい方でも簡単に取り組める方法として、 椅子を使った坐禅をご紹介します。会場でお座りの席でそのままできます。   ※第2部終了後、会場にて書籍『「そのままの私」からはじめる坐禅』をご購入いただいたお客様にサイン会を行います。【ご購入特典】当店にて本をご購入いただいた方に、「達磨布巾」をプレゼント!(当日ご用意数には限りがございます)...

続きを読む


2月 05日 三冊目の上梓

    年末から、およそ二ヶ月で書き上げました。 メタモル社さんから、 「そのままの私」からはじめる坐禅 ~抱えた問いを禅の智慧に学ぶ~ 8日からアマゾンで予約を受付けるそうです。 よろしければ・・・   ビジネス書やセミナーなどで「マインドフルネス」というキーワードがもてはやされ、瞑想イベントや教室に参加する人が増えています。「今・ここ」の自分の状態を実感することで、「ストレス軽減→集中力アップ→生活改善」に結び付けようと「マインドフルネス」に取り組む人たちがいる一方で、うまくいかずにより閉塞感を抱いてしまう人も少なくありません。   本書は、そういう人たちをはじめ、「禅」に興味があっても敷居が高そうと思う人たちに向け、いつでも誰でも取り組める坐禅から暮らしの中に取り入れたい禅、禅的なものの考え方などをわかりやすく説きます。また、生、老、病、死、それぞれのシチュエーションを「人生の風光」とらえてそれぞれの世界を描きます。     目次   はじめに~マインドフルネスに少し疲れたあなたへ~   ■第一章 「そのままの私」と暮らす~道元禅師に学ぶ七話~ ・門 ・主人公 ・而今 ・光明 ・師 ・眼横鼻直 ・道場   ■第二章 「そのままの私」がはじめる工夫~禅のある暮らし~ ・坐禅 坐禅をするとどうなるのか 坐禅の仕方 呼吸 数息観 心得 坐る時間 結跏趺坐ができない時 調身 調息 調心 心が調うこと 坐禅会 禅の力   ・一息の禅 ・椅子を用いた禅 ・仰臥での禅 ・禅による喪の作業 ・五観の偈 ・写経 ・真向法 ・作務   【十牛図】   ■第三章 「そのままの私」を生き抜く~生老病死とともに~   ・生の風光一 関係性 ・生の風光二 命への信頼 ・老の風光一 命を寿ぐ ・老の風光二 老いの道標 ・病の風光一 一得一失 ・病の風光一 当病平癒 ・死の風光一 にもかかわらず ・死の風光二 死別の周辺の事柄     アングリマーラの物語~あとがきにかえて~  ...

続きを読む
 

4月 16日 坐禅会のお知らせ

  4月14日、熊本地震とそれに伴う余震。 命を落とされた方々のご冥福と被災者の方々のご安寧をお祈りいたします。   今年度も、ご縁を頂き毎月第二月曜午前十時半から「よみうりカルチャー恵比寿」で坐禅会を行います。 随時、受付中です。   会場は駅ビル、恵比寿アトレの七階ですから畳に坐るのではなく、ヨガマットに坐蒲をおいて坐っております。坐っていますと、恵比寿駅発着の電車の振動があります。また、隣の教室の三味線が響いてきます。こんな素敵な条件を頂いての坐禅会ですが、毎月ご遠方から通ってくださる方もいます。また、パートをしている女性数名は、休みを調整してまで参加してくださいます。それぞれに動機があるのでしょうが、生活の中に坐禅を取り入れようと工夫する姿に頭が下がります。   坐禅会では、はじまりにあたり坂村真民さんの「体の中に光を持とう」という詩を参加者一同で朗読します。 体の中に 光を持とう どんなことが起こっても どんな苦しみのなかにあっても 光を消さないでゆこう   「どんなことが起こっても、どんな苦しみのなかにあっても」消えない光、即ち「何があっても大丈夫な光」は何処にあるのでしょうか。 それは遥か彼方ではなく、「今・ここ」にあるのです。ですから、それは何十年と坐って得るものではありません。その光があることを知り、気付き、それを自らの「今・ここ」に体現していくことを誓う坐禅会を心掛けております。   先月の坐禅会のワークの時間に、四十代の女性がお話しされました。 「私の大切なものは一人娘です。もちろん、今もそうです。けれども、最近大切なものが増えてきました。それは、まず自分自身が大切に思えてきた。坐禅と出会えた自分、坐禅に通う自分も大切に思え、そうすると、夫も大切、職場も大切、この国や世界までもが大切に思えてきました」そして、この気づきは「今・ここ」の在り様にまで及んできたと、彼女は語りました。   このような変化をもたらしたものは、彼女自身の中にある「何があっても大丈夫な光」があればこそだと思うのです。自分の中にあるからこそ、体現できるのです。 そんな時間を共有したいと思います。 尚、7月29日金曜日19時から20時半。坐禅会の公開講座を読売カルチャー恵比寿校にて行います。詳細が決まり次第、ご案内いたします。 ...

続きを読む


3月 12日 スパムコメント

  昨日夕刻から、数分おきに物凄い数のスパムコメントに襲われるようになりました。   スパムコメントを排除するプラグインの実施の前に、手作業で消していたところ、数多くのコメントを失う結果となりました。   コメントくださった方々、申し訳ございません。   これも「このウェブサイトがインターネット上で知名度が上がった証」と受け止めて、更新を続けていきたいと存じます。   今後とも、よろしくお願いいたします。     法慧合掌    ...

続きを読む


3月 05日 講演の案内

  4月9日午前10時から11時30分 社団法人在家仏教協会様にて、「「他ならぬ私」を支えているものを考察する」という演題で、お話しをさせていただきます。 I'm not religious, but spiritual. ということについて、言及したいと考えております。   在家仏教協会様は会員に限定しないで、一般の方も受け付けています。よろしければ、お越しください。 詳細はこちらまで。   ご案内      ...

続きを読む


9月 29日 ご案内

[caption id="attachment_15721" align="alignnone" width="300"] 東京発着のご案内[/caption]     クラブツーリズムさんからの企画です。 よろしければ、   東京発着  一泊二日   東京発着   名古屋発着  日帰り    名古屋日帰り   大阪発着  まだ掲載されていませんが、関西発であります。   宣伝ばかりで恐縮ですが、御一考いただければ幸甚に存じます。 ご縁を頂戴し、共に時を共有できれば嬉しく存じます。 合掌    ...

続きを読む