大童法慧 | 令和元年
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
17612
post-template-default,single,single-post,postid-17612,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 


4月 27日 令和元年

5月より令和元年。

 

明治大正昭和と三世代生き抜いた方々はずいぶんとご苦労をされ、この国の基礎を築かれた。

 

昭和平成令和と生きようとしている私は、、、。

 

先日の坐禅会での講話の一節。
好き、嫌い、正しい、間違っている、、、もしかしたら、私たちは自分の感情に振り回されて、一日を過ごしているのではないだろうか。そして、それは、とても危険なことじゃないだろうか。
つまり、自らの視野を狭め、生きる喜び、この世に生まれてきた甲斐を感じる取る機会を失ってしまっているのではないだろうか。

 

さて、今日もいいことがありました!

 

 

 

 

 


2 個のコメントがあります
  • 中野知人
    Posted at 21:38h, 30 4月 返信

    平成最後の投稿になります。思えば平成元年で20歳になり令和元年で50歳になります。あっという間の30年。最近、確かに自分の感情に振り回されてる感の今日この頃、令和を機会に改めて行こうと。平成最後に良いことを気づかせていただきありがとうございます。

    • 大童法慧
      Posted at 07:42h, 01 5月 返信

      中野様 
      令和は、「和(なご)み令(せ)しむ」と読みます。
      対立や分離よりも調和や一体を求められる時代なのかもしれませんね。

コメントを残す