大童法慧 | 禅語・仏教語・言の葉
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
15651
paged,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,page,page-id-15651,page-child,parent-pageid-15636,paged-5,page-paged-5,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 



1月 02日 真実担道の人

路遠くして馬の力を知り、事久しくして人の心を見る。 佛道は順逆の中に長遠の志を堅持するを、真実担道の人というなり。 『大智禅師仮名法語』 年の初めに、幸せを祈り、手をあわす。 でも、祈りの前に、感謝の念がなければ、その祈りは届かない。 感謝の念、それは、すべてを肯定することからはじまる。 全てを肯定する。 共に、真実を担う人でありたいと願います。
続きを読む


11月 28日 没可把

没可把<もっかは> 何かをつかまえようとすればするほど、逃げていく。 ああでないか、こうでないかと考えれば考えるほど、遠ざかっていく。 かといって、不貞寝していては、話にならない。 明治十一年、大本山永平寺二祖 孤雲懐弉禅師六百回大遠忌での逸話。 修行僧や随喜の御寺院が問答をかけてくるのに、受ける小参師は、45歳頃の森田悟由禅師。 はじめの僧の、「如何なるか、是れ仏」との問いに、悟由禅師は「没可把」と答えた。 次の僧の、「如何なるか、祖師西来意」の問いにも、悟由禅師は「没可把」と答えた。 次々の問答、全て、悟由禅師は「没可把」と答えた。 そして、最後の問答の時、ある僧が有無を言わず、禅師につかみかかった。 悟由禅師は静かに微笑んで、「没可把」と答えたのみ。 その僧は力にまかせて、悟由禅師を引きづり倒そうとしたけれども・・・ 泰然として動かぬ悟由禅師に、恐れをなして逃げたという。 没可把   つかむなよ 没可把   つかまないこともつかむなよ 没可把
続きを読む


9月 15日 万福

今日、高校からの友人が結婚をする。 結婚式から出席してくれと、招待状が届いた。 品川の高輪教会。 「スーツ持ってないけど?」と聞けば、「知っとるわ。それで、ええよ」と笑った。 高校を卒業して、およそ20年。 変わったものと、変えられなかったものがある。 変えれなかったせいで、あがきもがいた。 変えれなかったおかげで、今朝を迎えることができた。 そう、いつまでも生きれるわけじゃない。 だからこそ、よろずのこと全て福なり、と心得たい。 img0024.jpg 「結婚、おめでとう」 「幸せに」
続きを読む


8月 28日 常不軽菩薩

比丘はただ万事は要らず 常不軽菩薩の行ぞ殊勝なりける     良寛 法要が得意でなくてもいい。 法話が上手でなくてもいい。 衣やお袈裟の色を心配しなくてもいい。 でも、常不軽菩薩に憧れる心を忘れてはだめだよ、と良寛さんは示された。 常不軽菩薩は誰に対しても、手をあわせ礼拝した。 「我深く汝等を敬う、敢て軽慢せず。 所以は如何、汝等皆菩薩の道を行じて、当に作仏することを得べし。 ・・・私は、あなたを敬います。 たとえ、周囲の人々が、あなたを非難し、あなたを蔑もうとも。 たとえ、苦しむ者をみて笑ったり、平気で物を盗んだり、自分のことしか好きになれないあなたであっても。 たとえ、信じたものに裏切られ、人生に失望し、自分自身を信じられなくなったとしても。 なぜならば、あなたは今、成仏道の過程を歩まれているのですから・・・」 そう、拝むとは、ふたつのものが一つになる事。 常不軽菩薩は、会う人に手をあわせ、礼拝をした。 でも、時節至らぬ者は・・・礼拝する彼に、罵詈雑言をあびせ、石を投げつけ、杖で打ったという。 指さして笑われる彼は、それでも、礼拝を繰り返した。 比丘はただ万事は要らず 常不軽菩薩の行ぞ殊勝なりける     良寛
続きを読む


7月 04日 満目青山

拙著『運を活きる』にサインをと、声をかけてくれる方に、「満目青山」と書かせていただいております。 私の網代笠の裏側には、「満目青山」と記してあります。 湛玄老師に書いていただいたものです。 目に青山が満つとは、どういうことなのでしょうか。 ・・・そう、私たちは、瞳ひとつに、全世界を納めることができるのです。 全世界と全く離れていない私たちなのです。 私たちの耳や鼻は、全世界を聴くことができる。 私たちの口は、全世界を飲み込み、吐き出すこともできる。 そして、私たちの心は、全世界を巡ることもできるのです。 つまり、ひとつながりの世界。 衆生縁を結ぶ願いのもと、応量器を掲げ歩いた日々 照りつける太陽 乾いた道 滴る汗 空いたマーガリンの箱に玄米ごはんと沢庵をつめたお弁当 網代笠を置き、草鞋を脱ぎ・・・海に飛び込んだあの日。 ・・・そんな日々のことを懐かしく思いながら、焦がれながら、「満目青山」と書いております。
続きを読む


12月 12日 鉄舟修身二十則

「修身二十則」 山岡鉄舟居士は、十五歳の時にこれを己に課した。 一. 嘘を言うべからず 一. 君の御恩忘れるべからず 一. 父母の御恩忘れるべからず 一. 師の御恩忘れるべからず 一. 人の御恩忘れるべからず 一. 神仏ならびに長者を粗末にすべからず 一. 幼者を侮るべからず 一. 己に心よからず事 他人に求めるべからず 一. 腹をたつるは道にあらず 一. 何事も不幸を喜ぶべからず 一. 力の及ぶ限りは善き方に尽くすべし 一. 他を顧して自分の善ばかりするべからず 一. 食する度に農業の艱難をおもうべし 草木土石にても粗末にすべからず 一. 殊更に着物を飾りあるいはうわべをつくろうものは心濁りあるものと心得べし 一. 礼儀をみだるべからず 一. 何時何人に接するも客人に接するよう心得べし 一. 己の知らざることは何人にてもならうべし 一. 名利のため学問技芸すべからず 一. 人にはすべて能不能あり、いちがいに人を捨て、あるいは笑うべからず 一. 己の善行を誇り人に知らしむべからず すべて我心に努むるべし 不況による閉塞感 派遣  リストラ 内定取り消し 倒産 店じまい 権利と補償を叫ぶ声 利益と成果の希求ゆえのマイナス ゆえに須く言を尋ね語を逐うの解行を休すべし 須く回向返照の退歩を学すべし       『普勧坐禅儀』 偏差値、学歴社会、ひかれたレール。 金が全てのような世の中に息苦しさを覚えた。 でも、ガキじゃないからさ。「金が全てじゃない」なんて、もう言えないよ。 金は大切。学歴や資格だって、親の遺産や土地だって、そりゃあ、あれば素晴らしい。 そういえば、誰かが言ってた。「人間は心だ」 けど、心ってなんだよ。 男の純情を弄ぶ女もいたし、人の懐ばかりをあてにする野郎がいる事も知った。 新聞をひろげれば、盗む・騙す・殺すの繰り返し。 満員電車の中、ながめ見るのは座右の銘を書きつけた手帳。 職場への電話は、元妻からの養育費の督促。月5万円。娘はまだ3歳。 順番がきて歌い始めた十八番。涙を浮かべながらマイクを握り、声を絞り出す。 やっと、辿り着くアパート。 見ないテレビをつけて、独り酒をあおり・・・そして、また朝がくる。 退歩を学ぶ。 今この時こそ、まず、己の姿を知る。 嘘はないか? 後悔はないか? 精一杯生きているか? 大切なものは何か? それで、お前は・・・満足か?
続きを読む


10月 03日

仁に過ぎれば弱くなる 義に過ぎれば固くなる 礼に過ぎれば諂いとなる 智に過ぎれば嘘をつく 信に過ぎれば損をする 気ながく心穏やかにしてよろず倹約を用い金を備うべし 倹約の仕方は不自由を忍ぶにあり この世に客に来たと思えば何の苦もなし 朝夕の食事はうまからずとも誉めて食うべし 元来、客の身なれば好き嫌いは申されまい 今日の行くを送り 子孫兄弟によく挨拶して 娑婆の御暇申したがよし             『伊達政宗五常訓』 私がこの世にきた客ならば、主人は誰だろう? 神さんか、仏さんか?それとも・・・ 「お客さまは神様です」 と客が威張る。 「我こそはお客さま」と権利をふりかざし、過剰なサービスを要求する。 けれど一旦責任がからめば、その他大勢に早変わり。 昨今、客よりも主人になりたがる人が多い。 お客である楽しさを忘れては、もったいないなぁ。 旅に出ても、写真を撮る事ばかりに気が向いてしまう。 コンサートやナイターに行けば、帰りの混雑が気にかかる。 飲みに行っても、財布の中身に気をもんでしまう。 生まれてきても、あれこれと気に病んで・・・ 三流の客では、主は務まりやしない。 客とは、独りを慎み、独りを楽しむ人。
続きを読む


7月 21日 夏に

うだるような暑さが続くと、なぜだか、思い浮かんでくる詩があります。 昭和54年、青年医師井村和清さんが32歳で癌を患い亡くなりました。 彼には、1歳半の長女飛鳥ちゃんと、2人目の子供を身ごもった妻がいました。 亡くなる直前、最後の正月に残した詩です。 「あたりまえ」 井村和清 あたりまえ こんな素晴らしい事をみんなは何故、喜ばないのでしょう あたりまえである事を お父さんがいる お母さんがいる 手が2本あって、足が2本ある 行きたい所へ自分で歩いてゆける 手を伸ばせば何でもとれる 音が聞こえて声がでる こんな幸せはあるでしょうか しかし誰もそれを喜ばない あたりまえだと笑って済ます 食事が食べられる 夜になると、ちゃんと眠れ、そして又朝が来る 空気を胸いっぱいに吸える 笑える、泣ける、叫ぶ事ができる 走りまわれる みんな、あたりまえのこと こんな、素晴らしい事を、みんなは決して喜ばない そのありがたさを知っているのは それを無くした人達だけ 何故でしょう あたりまえ 和清 今夜も、また熱帯夜。 どうぞ、ご自愛を。
続きを読む


5月 05日 境涯

老病覚来不能寝   老病覚め来たって寝る能わず 四壁沈々夜正深   四壁沈々として夜正に深し 燈無焔爐無炭他   燈に焔無く爐に炭無し 只有凄凉枕積衾   只凄凉枕衾に積る有り 不知何以慰我心   知らず何を以て我が心を慰めん 暗曳烏藤歩庭陰   暗に烏藤を曳いて庭陰を歩す 衆星羅列禿樹花   衆星羅列す禿樹の花 遠渓流落無弦琴   遠渓流れ落つ無弦の琴。 此夜此情聊自得   此の夜此の情 聊か自ら得たり 他時異日向誰吟   他時異日誰れに向かつて吟ぜん 老いさらばえて、なかなか眠りにつけない 闇が暗くのしかかり、夜のとばりが深い 燈の明かりはなく、爐に炭の火も残ってない 名状しがたい寂しさの塊が、私を捉えてはなさない どうしたら、この心を慰めることができるだろうか 暗闇の中、杖に身を任せ庭に出てみる 満点の星が光を放ち、木々に花を咲かせているようだ 谷川の柔らかな音は、まるで琴を奏でているようだ 「嗚呼、生きていてよかった」と、跪き手をあわせてた この事を共有してくれる友はいるだろうか 同じ言語を使用し、同じものを見、同じことを体験したとしても、 その境涯によって、その意味するところは異なる。 星のきらめきや谷川のせせらぎを、己の命とする人もいる。 楽しい時やハッピーな時は、悲しい時や辛い時よりは、居心地はいい。 そう、居心地はね。 朝、新聞をめくりながらインスタントのコーヒーをすするのが、いつもの朝食。 妻は起きてこず、やさぐれ娘は帰ってこない。 片道2時間かけて、職場へと向かう。 人の使い方をしらない上司、同じ人間とは思えない部下。 取引先からはクレームの電話。 頭を下げ、怒鳴り、媚びる。 陰で何と言われているくらい、俺だって知ってるさ。 雲行きは変わることなく、「定年まで、あと2年」と自分に言いきかせる。 そんな気だるい午後であっても、世界中が敵に思えても、死んでしまいたいと思う状況にあっても、 ・・・しかし、いのちの風光は輝いているのだ。 楽しい時やハッピーな時は、悲しい時や辛い時よりは、居心地はいい。 ・・・でも、それだけのこと。 幸せは居心地の良さではない。
続きを読む


3月 04日 待合室

親の死・・・あなたの過去を失うこと 配偶者の死・・・ あなたの現在を失うこと 子どもの死・・・あなたの未来を失うこと 友人の死・・・ あなたの人生の一部を失うこと 『愛する人を亡くした時』 グロールマン 彼らは配偶者の死に接して見るまに気力を失い、自分の人生を身の毛もよだつような「死を待つ待合室」に変えてしまう 『慰めの手紙』  ヘンリ・ナウエン それでも、生きる事。それでも、生きる事。それでも、生きる事。 ・・・そこから、生きる事。 死の待合室にするか否かの分岐点は、自分が絶対でない存在だと気付く事。 ・・・そこに、風が吹く。
続きを読む