大童法慧 | 禅語・仏教語・言の葉
何かを得ようとするのではなく 何かを捨ててみよう
大童法慧,曹洞宗,僧侶,祈祷,相談,生き方,悩み
15651
paged,page,page-id-15651,page-child,parent-pageid-15636,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,paged-3,page-paged-3,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 



1月 01日 平成27年 年頭

真言宗中興の祖、興教大師覚鑁が、腐敗した金剛峯寺の内紛に憂いを懐き、密嚴院において3年余り無言行を修行しました。そして、その直後、一筆のもとに書き上げたと言われるものが「密嚴院発露懺悔文」です。 内紛にあって、師はどちらかに与することなく、かといって、巻き込まれることを怖れ逃げ出すこともありませんでした。 自らに利がある方に肩入れをすることもなく、「阿保らしい」と高みの見物をするのでもなく、ただ無言の行をされました。 そして、その懺悔文に記されたのは他者の批判ではなく、自らの至らなさの叫びでした。 私たちは、自らのご縁で様々なサークルの中で生きています。 家庭、地域、会社、学校、友人、国、地域・・・ でも、そこはHappyなことばかりが起きるのではありません。。 離婚、騒動、派閥、いじめ、裏切り、戦争、紛争、たとえどんな事が起きたとしても・・・ その出来事を他人事としない姿勢を保ちたいものです。 この一年、共に逞しく歩みを進めましょう。 密嚴院発露懺悔文 我等懺悔す 無始よりこのかた 妄想に纏はれて衆罪を造る 身口意の業 常に顛倒して 誤って無量不善の業を犯す 珍財を慳悋して施を行ぜず 意に任せて放逸にして戒を持せず しばしば忿恚を起して忍辱ならず 多く懈怠を生じて精進ならず 心意散乱して坐禅せず 実相に違背して慧を修せず 恒に是の如くの六度の行を退して 還って流転三途の業を作る 名を比丘に假って伽藍を穢し 形を沙門に比して信施を受く 受くるところの戒品は忘れて持せず 学すべき律義は廃して好むことなし 諸佛の厭悪したもうところを慚じず 菩薩の苦悩するところを畏れず 遊戯笑語して徒らに年を送り 諂誑詐欺して空しく日を過ぐ 善友に随はずして癡人に親しみ 善根を勤めずして悪行を営む 利養を得んと欲して自徳を讃じ 勝徳の者を見ては嫉妬を懐く 無徳の人を見ては驕慢を生じ 富饒のところを聞いては希望を起す 貧乏の類を聞いては常に厭離す 故に殺し誤って殺す有情の命 顕はに取り密かに盗る他人の財 觸れても觸れずしても非梵行を犯す 口四意三互に相続し 佛を観念する時は攀縁を発し 経を読誦する時は文句を錯る もし善根を作せば有相に住し 還って輪廻生死の因と成る 行住坐臥知ると知らざると 犯すところの是の如くの無量の罪 今三宝に対して皆発露したてまつる 慈悲哀愍して消除せしめたまへ 皆悉く発露し尽く懺悔したてまつる ないし法界のもろもろの衆生 三業所作のかくの如くの罪 我皆相代って尽く懺悔したてまつる 更にまたその報ひを受けしめざれ
続きを読む


10月 23日 行蔵

文字通り、穴があったら入りたいような失敗もする。 嵐のような叱責、言われたくなかった言葉、やり過ごす時間。 『法句経』 227 アトゥラよ。これは昔にも言うことであり、いまに始まることでもない。沈黙している者も非難され、多く語る者も非難され、すこしく語る者も非難される。世に非難されない者はいない。 228 ただ誹られるだけの人、またただ褒められるだけの人は、過去にもいなかったし、未来にもいないであろう、現在にもいない。 今日ほめて 明日悪く言う 人の口 なくも笑うも ウソの世の中         一休さん そう、雨が降らなければ、虹はでない。
続きを読む


10月 10日 切<せつ>

「いつか・・・」「そのうち・・・」「きっと・・・」で、今年、45歳。 口にできなかった言葉、袖を通さなかった服、会えない人。 健康にに生きたいと願う自分自身の、その隣で、自分自身が病を作る。 死にたくないと生きている自分の、その隣で、自分自身が老いを作り、死を作る。 「いってらっしゃい」といつも通りに送り出したあの日。 まさか、それが最後の言葉になるとは、夢にも思わなかった。 こんなことになるのなら、、、こんなことになると知っていたのなら、、、 吾 常に ここに於いて 切なり
続きを読む


9月 28日 四弘誓願文 私訳

衆生無辺誓願度 人生を長短ではなく、濃淡で汲み取る覚悟をいたします 煩悩無尽誓願断 人生を私からではなく、公や義からはじめる視点を育てます 法門無量誓願学 人生を知恵だけではなく、智慧を育てる視点を持ち続けます 仏道無上誓願成 人生を今生だけのものではなく、「ひとつながりのいのち…

続きを読む


8月 26日 売り言葉に買い言葉

お釈迦さまは、罵詈雑言をあびせたバラモンに、にこやかに問われた。 「あなたのところに、お客さんが来て、あなたがに食べ物を出したとしよう。 でも、そのお客さんがその食べ物を受け取らなければ、その食べ物は誰のものになるだろうか」 間髪をいれず、バラモンは応えた。 「もちろん、その食べ物は私のものだ」 その答えをまって、お釈迦さまは続けられた。 「では、バラモンよ、私はあなたの言葉を受け取らない。 だから、その悪口はあなた自身のものだ」 ここで、気づいたバラモンは偉かった。 100点満点の人生など、ない。 あの人の一言。 匿名の書き込み。 何も言い返せなくても、自分を保つことができるだろうか。 何か言い返さなくても、心を乱さないでいられるだろうか。 「智恵ある者に怒りなし。よし吹く風荒くとも、心の中に波たたず。 怒りに怒りをもって報いるは、げに愚かものの仕業なり。」
続きを読む


7月 15日 随処作主

多忙のため 全く 自分の時間がありません 多用のため 全く 自分の時間が持てません でも イライラせず 投げ出さず そんな昨今、ふと浮かんだ言葉 随処作主 立処皆真 <ずいしょにしゅとなれば りっしょみなしんなり> 随所に主となるとは、「俺が」「私が」と主役を張ることではないのです お客様に主役を任せてもいい 連れ合いに主人公を委ねてもいい 随処作主 とは、「ひとつながりのいのち」あることを知って、全てを楽しむこと そうすれば、おのずから、立処皆真 つまり、「いま・ここ」が宝の山
続きを読む


6月 07日

百計千方、只だ身の為にす 知らず、身は是れ塚中の塵なることを 言うこと莫れ、白髪に言語無しと 此れは是れ、黄泉伝語の人   香厳智閑禅師   日々の多くのはかりごとは、ただ我が身のため やがて必ず、この身は墓場の土となることに思い至らない 老いた姿の自分を想像してごらん 先に逝った人が教えてくれてるよ もしも、あの時、あの言葉を言っていれば もう少し、ましな男になれただろうか もしも、あの時、深く考えていれば もう少し、まともな人生を送れただろうか 自分で自分のことがわからなくなったり 身の回りの世話をしていただくことになったりした時 私は・・・優しく、楽しく、明るい自分でいられるだろうか 日々の多くのはかりごとを 少し 我が身のために使わないこと そこに答えがある
続きを読む


5月 26日

5月18日より23日まで、中国の杭州を旅しました。 そのなかで、この一語と出会うことができました。 大衆慧命在汝一人 汝若不顧罪帰自身 これは、天童寺と径山寺の禅堂のなかにありました。 小さな木片に認められ、その前に小さなお香立てがありました。 汝とは、そう、私自身です。 「お前さんとご縁ある方々の仏縁は、実は、お前さん次第なんだよ。お前さんの在りようが問われているのだよ。」 この一語に触れた時、警策で肩を打たれたような想いをいたしました。
続きを読む


4月 19日 徳を積む

徳を積むとは、己の行為を貯金通帳に入れていくことではありません。 徳を積むとは、いい事をすれば、いい事があるという下心のことではありません。 徳を積むとは、感謝し、そして、壊さないよう、こぼさないようにすること。 今、あなたが生きていることへの感謝を態度で現わすことが、徳を積むことなのです。
続きを読む


1月 14日 生きる

親の死とは、あなたの過去を失うこと。 配偶者の死とは、 あなたの現在を失うこと。 子どもの死とは、あなたの未来を失うこと。 友人の死とは、あなたの人生の一部を失うこと。 『愛する人を亡くした時』 グロールマン 7年にわたる不妊治療 やっと授かった子宝 その子の性別を知り 二人で名…

続きを読む